相続放棄の基礎知識

【MENU(目次)】下記をクリックして下さい↓


■相続放棄とは
■相続放棄の申述人
■相続放棄の申述期間
■相続放棄の申述先
■相続放棄の申述に必要な費用
■相続放棄の申述に必要な費用

相続放棄とは

相続とは、ある方が亡くなられた時に、その方の財産を法律上、包括的に移転する事です。
また、財産には、権利のようなプラスの財産だけではなく、借金のようなマイナスの財産もあります
そして、相続の放棄とは、その様な法律関係を排除し、プラスの財産もマイナスの財産も拒絶する行為です。

|HOMETOP|

相続放棄の申述人

相続放棄の申述人は、次の通りです。

  • 相続人(相続人が未成年者または成年被後見者である場合には、その法定代理人)

|HOMETOP|

相続放棄の申述期間

相続放棄の申述が出来る期間は次の通りです。

  • 自己のために、相続の開始があった事を知った時から3カ月以内

|HOMETOP|

相続放棄の申述先

相続放棄の申述先は次の通りです。

  • 被相続人(お亡くなりになられた方)の最後の住所地の家庭裁判所

|HOMETOP|

相続放棄の申述に必要な費用

相続放棄の申述に必要な費用は次の通りです。

  • 申述人1人に付き収入印紙800円
  • 連絡用の郵便切手代(申立てされる家庭裁判所によって異なります。
    大体200円〜500円程度です)。

|HOMETOP|

相続放棄の申述に必要な書類

相続放棄の申述に必要な書類は次の通りです(場合によっては、このほかの資料の提出をお願いされる場合もあります)。

  • 相続放棄の申述書1通
  • 申述人の戸籍謄本1通
  • 被相続人の除籍(戸籍)謄本1通住民票の除票各1通
inserted by FC2 system