ストーカー規制法の基礎知識

【MENU(目次)】下記をクリックして下さい
■ストーカー規制法とは
■つきまとい等とは
■ストーカー行為とは
■ストーカー対策と相談

ストーカー規制法とは

「ストーカー規制法」とは、平成12年5月18日、第147回通常国会で「ストーカー行為等に関する法律(ストーカー規制法)」として成立し、11月24日から施行された法律です
。 この法律で、「ストーカー行為」と「つきまとい等」が「ストーカー行為等」と定められ、「ストーカー行為等」の規制と「ストーカー行為等」に対する処罰が定められ、「ストーカー行為」や「つきまとい等」が行われないように規制されています。

|HOMETOP|


つきまとい等とは

「つきまとい等」とは、「ストーカー規制法」では、「特定の人への恋愛感情や好意が満たされなかったことに対する怨根(えんこん)感情、つまり恨みの感情を満たすために、その人やその人の家族などに対して行う次の8つの行為を「つきまとい等」と定めて規制しています。
  • つきまといや待ち伏せ・押しかけ
  • 監視していると告げる行為
  • 面会や交際の要求
  • 乱暴な言動
  • 無言電話や連続した電話、ファックス
  • 汚物などの送付
  • 名誉を傷つける行為
  • 性的羞恥心の侵害

|HOME|TOP|

ストーカー行為とは

ストーカーとは比較的、日常的に冗談まじりに使われることもありますが、ストーカー規制法では、「つきまとい等」を、繰り返して行うことを、「ストーカー行為」として規定しています。
繰り返し行われた時にストーカー行為にあたる場合
  • 無言電話、連続した電話、ファックス
  • 汚物などの送付
  • 名誉を傷つけられる
  • 性的羞恥心の侵害

「繰り返し行われて」かつ「身体の安全、住居等の平穏もしくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法で行われた場合」にストーカー行為となる場合
  • つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
  • 監視していると告げる行為
  • 面会や交際の要求
  • 乱暴な言動

HOMETOP

ストーカー対策と相談

ストーカーに対する対策と相談窓口としては第一に警察署があります。
警察では、相談社の申出に応じて、警察署長などから、警告を行うことができます。
さらに警察所長の警告に従わないで相手方がつきまとい等をした場合は、公安委員会が禁止命令を出すことができ、さらに禁止命令に違反してつきまとい等をすると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。
また、ご自身が「ストーカー行為」の被害にあっている場合は、相手を告訴して処罰を求めることができます。
この場合の罰則は6か月以下の懲役または100万円以下の罰金です。

HOMETOP

inserted by FC2 system inserted by FC2 system